食品機械用潤滑油

食品機械用潤滑油
について

食品機械用潤滑油における安全性は最も検討すべき重要事項のひとつです。国内食品業界では改正食品衛生法に基づくHACCPに沿った衛生管理の完全制度化(2021年6月より)を皮切りに、消費者をはじめとする世の中の食品への安全意識が高まってきております。

そこで、弊社では安全性を保証するため、食品機械用潤滑油に対してNSFが定める規格に沿いH1・3H認証を取得後、専用設備で製造し販売しております。

HACCPとは?

H Hazard A Anaiysis C Critical C Control P Point

Hazard Anaiysis (危害分析)と Critical Control Point (重要管理点)からなり、食品など事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入などの危害要因を把握したうえで、原材料の入荷から製品の出荷にいたる全工程の中で、それらの危害要因を除去または低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性確保を目的とする衛生管理の手法です。

この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

NSFとは?

NSF National Sanitation Foundation

アメリカ ミシガン州に本拠地を置く、水・食品・環境・空気などの公衆衛生と安全に関する基準の制定・製品登録・認証・リスクマネージメントサービスなどを扱う非営利・非政府組織です。

NSFが行う認証は、アメリカだけでなくオランダやカナダにおいても公認され、これまでに認可した製品は世界68カ国から10万点にものぼるなど、国際的にも広く認知されております。

NSFが行う食品機械用潤滑油の認証規格について

NSFが行う食品機械用潤滑油の認証に関する規格は大きく分けて2種類あります。

  • 01非食品用化合物

    食品加工を行う場所で使用され、本来食品と接触してはいけない化合物。

    H1 食品と接触する可能性がある箇所に使用が許可される潤滑剤。
    H2 食品に接触する可能性のない箇所で使用される潤滑剤。
    H3 フック、トロリーなどの防錆剤。
    機器の使用前に洗浄または拭き取る必要がある。
  • 02食品用化合物

    食品に接触する化合物。

    3H グリルやパンの型などで食品の付着を防ぐ離型剤。
NSF
NSF認定マーク

このマークは製品がNSFより認証されたことを表し、認証された製品に対し個別の認証番号が付与されます。また、NSF White Bookより当認証番号から製品の検索・照合を行うことができます。

なぜNSF認証食品機械用潤滑油が必要か?

食品工場の様々な機器・設備に使用されている潤滑剤は、設備を正常に運転するためには欠かせない存在ですが、HACCPにおいて潤滑油は、異物混入リスクなどの観点から化学的危害の一要素に分類されているため、潤滑剤への安全対策は必要不可欠となっております。

HACCPにおける潤滑剤への考え方の優先順位

潤滑剤を使用しない
機械設備を無潤滑システムに変更。
潤滑剤が漏れない・
触れない対策
仕切りを設ける、ケースで覆う、シーリングを施す等。
偶発的接触が許容される
潤滑剤の使用
口に触れてもリスクの低い、NSF 3H、H1認証潤滑剤の使用を推奨。

HACCPは前述の2021年6月からの完全制度化に加え、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格である ISO 22000 および FSSC 22000 においても対応が求められることより、今後さらにNSF認証製品の使用が必要になると予想されます。

弊社の食品機械用潤滑油は、NSF認証による安全性だけではなく、食品の風味を損ねない無味無臭性を持たせております。高い汎用性を持たせたオールインワンタイプの製品から各潤滑箇所に焦点を合わせた製品など、幅広いラインナップでお客様をサポートいたします。

製品一覧

  1. HOME
  2. 製品情報
  3. 食品機械用潤滑油